[ 戻る ]

新製品  音もだちFMループ

小型携帯可 商標及び特許登録済(第4272179号) | 製品型番: LE-200 | ダウンロード カウンター型磁気ループシステム ダウンロードカタログ

場所を選ばず、いつでもどこでも、明瞭な音が聞こえる喜び

業界初!磁気ループを特許技術で携帯可能なサイズにしました。

固定使用が常識だった磁気誘導ループを、弊社の特許取得技術で小型化に成功しました。音もだちFMループは、ワイヤレスマイクの電波を利用して、離れた場所でも雑音に影響されないクリアーな音声を受信します。受信した音声はミニループで磁気信号に変換され補聴器に入力されます。体の向きによる影響が少ないので、安定した会話を受信することが出来ます。

機動性に優れた性能を発揮するので、屋内外を問わず、旅行などの外出先、特殊学級、老人ホーム、美術館、会議室など幅広い場所でご利用いただけます。

カウンター型磁気ループシステム ダウンロードカタログ  カタログ   カウンター型磁気ループシステム 操作説明書  操作説明書

特長

 小型で軽量。場所を選ばすに使用することができ、補聴器の限界を広げます。体の向きによる影響が少なく、動作中でも会話を受信することができます。

 離れた場所でも雑音に影響されないクリアーな安定した音声を受信します。

 13チャンネルの周波数が選択でき、同一空間で最大5チャンネルまで同時に使用できます(隣接した使用環境でも磁気ループ機器同士の混信がありません)。

効果検証レポート

残存聴覚を活用する補聴支援システムの研究会にて発表を行いました。


第20回リハ工学カンファレンス in佐賀


開催日:2005年9月1日(木)~3日(土)
会 場:佐賀市文化会館  佐賀市日の出1-21-10  Tel:0952-32-3000
主 催:日本リハビリテーション工学協会


リハ工学カンファレンスの概要


リハ工学カンファレンスでは、障害のある方のリハビリテーションを支援する機器や技術について、リハビリテーションに関係するさまざまな分野の参加者が互いに理解できる言葉で納得できるまで討論することを目的としています。


残存聴覚を活用する補聴支援システム 残存聴覚を活用する補聴支援システム

※ 研究開発の推進にあたり、聴覚障がい者関係諸団体や長崎県立ろう学校、障がい当事者の協力を得て、音もだちFMループは開発されました。ここに関係者の方々に感謝の意を表します。

製品一覧



備考

※ 掲載している製品は更なる改良の為、予告なく仕様・価格等を変更する場合がございます。